オススメの楽曲を紹介していく

2次元アイドルに偏りがちにオススメの楽曲を紹介していくブログです。ラブライブとかナナシス中心。

その2、誰かに励まして欲しい人へ

どうも、私です。ラブライブのμ'sの楽曲紹介第2弾です。

早速ですが、今回オススメする曲はアニメラブライブ2期のEDテーマ曲として使用された『どんなときもずっと』という曲です。

さて、今回紹介するこの曲はどんな曲なのか。ずばり、「優しくも厳しい曲」だと私は考えています。

まさに二番の歌詞にも「やさしくきびしく励まし合って」というフレーズもありますし、本当にその通りの曲だなぁと思います。

この曲のあるフレーズが私はとても好きでそれは

「本気の夢はちょっぴり苦い 刺激になると笑おう」

という部分です。このフレーズのどこが気に入ったのかというと、実際にこのフレーズを聞いたときに自分自身が励まされたことがありました。あまり自分語りはしたくないので詳細は省きますが、とあることに本気で取り組んでいたとき、私は辛くて苦しくて堪りませんでした。もうやめてしまいたいと何度も思いました。しかし、そんなときこの曲を聴きました。苦しいからこそいっそ笑ってしまおう。そう思わせてくれました。みんな、こうした考え方自体は様々な場所で聴いたことがあると思います。でも、各所で言われるこの言葉は、どこか説教くさくて、なんだか聞き入れ難いような印象が私にはありました。

しかし、この曲は違いました。

ここで少し脱線して、この曲は一体どんなテーマを持って描かれているのかということをお伝えします。この曲の大きなメッセージは

「人は1人じゃないんだよ」

というものだと私は考えています。

歌詞にもあるように、ずっと繋がっているし、実際にはそばにいなくても、心はそばにいる。そういう曲だと考えています。このそばにいる、繋がっている誰かは当然「友達」でしょう。

そこで先ほどの話に立ち返りますが、この楽曲のメッセージの受け取りやすさはそこにあります。説教くさいものではなく、「友達との何気ない会話でそうした考えが出てきて、なんとなく口にした」  そういった印象を持つことができないでしょうか? 少なくとも私にはそう感じられ、それによってすごく救われました。いい意味で、そのぐらい軽くていいんだと思うことができました。

 

上で、一つのフレーズに絞り魅力を話しましたが、楽曲全体にもしっかりと魅力が散りばめられています。これは先ほども述べましたが、この楽曲は全体を通して友達の何気ない会話のような印象を受けます。なんとなく、励ましてくれているような。またその励まし方はただ優しいだけではありません。厳しさもしっかりと兼ね備えています。

先ほど紹介した

「本気の夢はちょっぴり苦い 刺激になると笑おう」

というフレーズもそれに該当しますし他にも純粋に励まされるフレーズとしては

「たまにはゆっくり君のペースで やりたいことたち見つめてごらん」

「きっと出来るよ君なら」

また、厳しさのある励ましとしては

「その後がんばれ! 全力でね」

「強くなれ 自分から逃げちゃだめ」

「強くなれ 焦らずに受け入れて自分を」

などが挙がるかと思います。

さて、ここまで『どんなときもずっと』という曲を紹介してきましたが如何だったでしょうか? 励まされたい人や背中を押して欲しい人にはとてもオススメの一曲であるということは十分伝わったかと思います!

 

それでは今日はこの辺で!